「自撮り」サルに著作権なし 米裁判所、愛護団体の訴え棄却

2016/1/8 12:04
共有
保存
印刷
その他

 【ロサンゼルス=共同】米サンフランシスコの連邦地裁は7日までに、人間が置き忘れたカメラで「自撮り」をしたサルの写真について、サルに著作権があるとする動物保護団体の主張を退け、サルに著作権はないとする判決を言い渡した。

 このサルはインドネシアに生息する「ナルト」。2011年、英国の写真家デービッド・スレーターさんがカメラから目を離している間にシャッターを押して、ピントの合った自らの写真を撮影した。

 米メディアによると、判決は、著作権は動物には及ばないと判断した。

 スレーターさんは写真の著作権が自分にあるとして、この自撮り写真を含む写真集を出版していたが、米動物保護団体「PETA」が昨年9月、スレーターさんを相手取り、提訴した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

カメラサル著作権なし自撮り連邦地裁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 7:01
21日 7:01
東北 21日 7:01
21日 7:01
関東 21日 7:01
21日 7:01
東京 21日 7:00
21日 7:00
信越 21日 7:00
21日 7:00
東海 21日 23:18
21日 22:52
北陸 21日 6:02
21日 6:01
関西 2:00
21日 6:05
中国 21日 7:01
21日 7:00
四国 21日 7:01
21日 7:00
九州
沖縄
21日 22:48
21日 22:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報