/

脳梗塞薬投与と同時にタンパク質注射 新潟大、効果高める

新潟大脳研究所のチームは8日までに、脳梗塞で詰まった血栓を溶かす薬剤「tPA」の効果を向上させ、副作用を抑える可能性がある治療法を開発したと発表した。

tPAの投与と同時にタンパク質「プログラニュリン」を注射する。ラットを使った実験では脳梗塞が小さく抑えられ、tPAの副作用である脳出血や脳のむくみが大幅に軽減された。

脳梗塞に有力な「tPA治療」を効果的に行うには、発症から4時間半以内に始めなければならない。このタンパク質と併用すれば、治療開始が遅れても、患者の状態が改善される可能性があるとしている。

プログラニュリンは認知症発症の抑制や傷の治癒などに関係するタンパク質で、人の体内でも作られる。

チームの下畑享良准教授(神経内科)は「近く臨床試験を開始し、安全性を確認したい」と話している。

ラット5~7匹ずつに人工的に脳梗塞を起こさせ、ラットとしては極めて遅い4時間後にtPA治療を開始した。同時に1匹300~370グラムの体重に対して0.1ミリグラムの量のプログラニュリンを注射したグループは、そうでないグループと比べ、脳梗塞の大きさやむくみが3分の1程度、出血量は10分の1近くまで抑えられた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン