/

スマホなど発熱、低温やけど注意 5年で相談190件

スマートフォン(スマホ)本体の発熱に伴う低温やけどや、本体と充電器の接続端子でやけどを負ったとの相談が今年3月までの約5年間で約190件寄せられていることが8日、国民生活センターへの取材で分かった。センターは「本体の表面温度が心地よいと感じられる44度程度でも、数時間肌に触れ続ければ低温やけどになる」と指摘。「50度程度だと数分でやけどする恐れもあり、熱いと感じたら温度が十分下がるまで使用を控えてほしい」と呼びかけている。

同センターによると、寄せられた相談には「8分間通話したら、ほおに低温やけどをした」(20代女性)、「10分間ゲームをしていたら指にやけどをした」(50代女性)などがあった。充電中に発熱したスマホに触れ続け、低温やけどを負ったとの訴えもあった。

端子が充電中に焼け焦げたとの相談もあった。端子に水分や異物が付着していたり、上下左右に無理な力を加えたりすると「ショートに近い状態になる」として、端子に破損や変形がないか日ごろから確かめ、異常を感じたら充電を止めるよう求めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン