/

眞子さま、ブータンから帰国

ブータンを訪れていた秋篠宮家の長女、眞子さまは8日朝、羽田空港着の民間機で帰国された。到着時には、報道陣からの「おかえりなさい」の声に会釈で応じ、笑顔を見せられた。今回の訪問は友好親善が目的で、滞在中はワンチュク国王夫妻や前国王らと面会、地元の人とも交流を深められた。

1日からブータンに滞在。首都ティンプーで、国王夫妻や前国王とそれぞれ会い、食事を共にされた。メインイベントである「花の博覧会」には振り袖姿で出席し、王族と交流された。

4日に西部パロに移動し、現地で野菜栽培の普及に貢献した故西岡京治氏の記念館を見学。6日には約2時間かけて登山し、断崖絶壁に立つチベット仏教の聖地タクツァン僧院にも足を運ばれた。7日にブータンを離れられた。

ブータンは1997年に秋篠宮ご夫妻も訪問。眞子さまは今回、紀子さまが当時、前国王から贈られた民族衣装を着て、前国王との面会や行事に臨まれた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン