/

荒戸源次郎氏が死去 映画プロデューサー

荒戸 源次郎氏(あらと・げんじろう、本名=吉村敏夫=よしむら・としお、映画プロデューサー)7日、虚血性心疾患のため死去、70歳。告別式は15日午前11時から東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場。喪主は息子、鈴木棟也氏。

劇団「状況劇場」などを経て映画プロデューサーに。鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」や阪本順治監督の「どついたるねん」などを制作。監督も務め、寺島しのぶさんが主演した2003年の「赤目四十八瀧心中未遂」では多くの賞を得るなど高い評価を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン