2019年9月22日(日)

今年の新入社員、仕事「人並みで十分」6割 私生活重視増える

2016/7/8 11:38
保存
共有
印刷
その他

今年の新入社員を対象に日本生産性本部(東京・渋谷)が実施したアンケートで、「人並みに働けば十分」と答えた人は58.3%だった。前年より4.8ポイント増え、1969年度の調査開始以来最高。「人並み以上に働きたい」は34.2%で4.6ポイント減。調査の担当者は「就職が売り手市場だと人並みで十分と考える人が多くなる傾向がある」と分析している。

働く目的について聞いたところ、「楽しい生活をしたい」が41.7%と前年から4.7ポイント増え、過去最高を更新した。一方で「自分の能力をためす」と答えた人は過去最低の12.4%(1.0ポイント減)。仕事に積極的に挑戦するというより、私生活とのバランスを重視する様子がうかがえる。

目指すポストについて「社長」と答えた人は10.8%と過去最低で、10年前に比べると7.0ポイント減った。昇進志向を尋ねる設問を設けた1970年度以降、「社長」は20%台で推移してきたが、2003年度から下落に転じた。

一方、「部長」は17.4%と同5.9ポイント増えた。「課長・係長・主任班長」も18.6%(同7.4ポイント増)。「役職につきたくない・どうでもよい」も20.0%(同2.0ポイント増)いた。

調査は3~4月、生産性本部が主催した新社会人向けの研修に参加した1286人に聞いた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。