/

ランナー人口、4年で100万人減 笹川スポーツ財団調査

2016年に年1回以上ジョギングやランニングをした推計人口は893万人で、ピークの12年から100万人以上減ったことが笹川スポーツ財団(東京)の調査で分かった。地方に暮らす男性の減り幅が目立つ。同財団は「ランニングブームで多くの人が気軽に始めたものの、飽和状態になったのではないか」と指摘している。

調査は2年に1度実施。16年は全国の18歳以上の3千人を調べた。年1回以上ジョギングやランニングをすると答えた20歳以上の割合は06年の5.9%(推計人口606万人)から右肩上がりで、12年に過去最高の9.7%(同1009万人)を記録。だが14年は9.5%(同986万人)、16年は8.6%(同893万人)に落ち込んだ。

特に男性は60~70代の実施割合が過去最高だった一方、20~50代はいずれも減少。地域別では小規模な都市や町村部の男性ほど走らない人が増えたという。同財団の担当者は「大都市ほどランニングチームなど個人が参加しやすい環境があるのでは」と話している。

何らかのスポーツを週1回以上行った人の割合は56.0%で、12年の59.1%から微減傾向にある。50代の男性の30.3%、女性の37.3%が1年間で全く運動をしなかったと答え、年代別で最も高かった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン