/

国立競技場、2月下旬から解体工事

日本スポーツ振興センター(JSC)は7日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとして建て替える国立競技場(東京都新宿区)本体の解体工事を2月下旬から始めると明らかにした。都内で開いた近隣住民らへの説明会で工事の工程表を示した。10月中旬までとしていた工期を短縮し、9月末の完了を目指すという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン