/

横浜マラソン短かった 186.2メートル不足、公認ならず

3月15日に市民参加型の「横浜マラソン2015」を初開催した横浜マラソン組織委員会(横浜市など)は7日、コースの距離がフルマラソンで186.2メートル短く、日本陸上競技連盟の公認コースにならなかったと発表した。

組織委はフルマラソンのコースの一部に首都高速道路湾岸線が約11キロあり、本番まで交通規制できないとして、この区間の事前の計測を地図だけで済ませていた。公認コースにしたいとの意向を伝えられていた陸連側が大会当日、規則に沿って自転車で計測し、距離不足が判明した。

組織委は大会後の3月19日にホームページで公認コースにならなかったことは告知したが、距離が短かったことには触れていなかった。

組織委は「距離不足の原因を調べていたため、発表が遅れた」と説明。参加者への対応は今後、検討するとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン