/

偽造肝炎薬販売で改善措置命令 奈良の薬局会社に

C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品が見つかった問題で、奈良県と奈良市は7日、薬局を運営する「関西メディコ」(同県平群町)に対し、医薬品医療機器法に基づく改善措置命令を出した。

奈良県などによると、対象施設は偽造品が見つかったサン薬局平松店(奈良市)、三室店(三郷町)、関西メディコ本部を兼ねる平群店(平群町)の3店舗。医薬品を適切に管理し、外装の異常があるものは必要な検査をして、14日までに改善内容の報告書を出すよう求めた。

偽造品は3店舗から計5本が見つかったことが今年1月に発覚し、平松店では1本が処方されて患者の手に渡ったが、服用前に正規品と形が違うことに気づいた。関西メディコはハーボニーを製造する米製薬会社が指定した卸売販売業とは別に、複数の業者からも安価で仕入れていた。偽造品には箱や添付文書がなかったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン