2019年7月22日(月)

偽造肝炎薬販売で改善措置命令 奈良の薬局会社に

2017/3/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品が見つかった問題で、奈良県と奈良市は7日、薬局を運営する「関西メディコ」(同県平群町)に対し、医薬品医療機器法に基づく改善措置命令を出した。

奈良県などによると、対象施設は偽造品が見つかったサン薬局平松店(奈良市)、三室店(三郷町)、関西メディコ本部を兼ねる平群店(平群町)の3店舗。医薬品を適切に管理し、外装の異常があるものは必要な検査をして、14日までに改善内容の報告書を出すよう求めた。

偽造品は3店舗から計5本が見つかったことが今年1月に発覚し、平松店では1本が処方されて患者の手に渡ったが、服用前に正規品と形が違うことに気づいた。関西メディコはハーボニーを製造する米製薬会社が指定した卸売販売業とは別に、複数の業者からも安価で仕入れていた。偽造品には箱や添付文書がなかったという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。