2019年3月26日(火)

新入社員、仕事よりプライベート優先 仕事派の45%上回る

2015/7/9付
保存
共有
印刷
その他

今春入社の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先するかを聞いたところ、プライベート派が53.3%で、仕事派の45.1%を上回ったことが分かった。

調査した就職情報会社マイナビによると、プライベート派が上回ったのは2011年の調査開始以来、初めて。残業容認派や仕事後に会社の人と過ごしたいと考える人の割合は、それぞれ過去最低となった。

マイナビの担当者は「業務後の時間を、自分を磨く勉強などに充てたいと考えている結果ではないか。ただ先輩社員と飲みに行くことで学べることも多く、多様なコミュニケーションも必要だ」と話している。

調査は3~4月に実施し、新入社員2786人が回答。「プライベート優先」は8.8%、「どちらかといえばプライベート優先」は44.5%で、両者を合わせたプライベート派の割合は53.3%と前年より4.6ポイント上昇した。

一方「仕事優先」は4.7%、「どちらかといえば仕事優先」は40.4%で、2つを合わせると45.1%にとどまり5.1ポイント低下した。

また「残業してでも働きたい」(5.4%)と「必要な残業であれば良い」(71.6%)を合わせた残業容認派の割合は計77.0%。前年より2.4ポイント下がり、過去最低だった。

仕事が終わった後の過ごし方も「会社の人と過ごしたい」と「なるべく会社の人と過ごしたい」の合計が20.6%にとどまり、これまでで最も低かった。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報