/

73歳、津軽海峡泳いで横断 最高齢記録

北海道と本州の間の津軽海峡の単独遠泳横断に挑戦するため、青森県を7日朝出発した広島市の元会社員、富永俊夫さん(73)が同日午後3時半ごろ、北海道福島町の海岸に到着し、横断に成功した。同海峡での最高齢記録となった。

富永さんは午前5時半ごろ、青森・津軽半島の権現崎をスタートし、約10時間泳ぎ続けた。最終盤も衰えることのない力強い泳ぎで、福島町の吉岡港付近の岸壁にたどり着くと、並走する船から見守った妻、有紀子さん(67)らから歓声と拍手が湧き起こった。

富永さんは取材に対し「やり遂げたという気持ちだ。祝杯を挙げたい」と喜びを語った。

津軽海峡は、泳いで渡るのが難しいとされる世界の七海峡「オーシャンズセブン」の一つ。津軽海峡の横断を支援する会社「オーシャンナビ」(相模原市)によると、2008年以降で約50組が挑戦、過去の最高齢記録は昨年9月のメキシコ人男性による56歳だった。

富永さんは09年にトルコのボスポラス海峡を遠泳横断するなど、国内外で豊富な経験を持つ。13年には英国とフランスの間のドーバー海峡の単独横断にも挑戦したが、残り数キロの所で断念。今回の成功を受け、富永さんはドーバーへの再挑戦にも意欲を示した。

津軽海峡では先月に相模原市の女子高生(18)が単独横断に成功し、最年少記録を更新した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン