/

アプリでスマホいじめ防止 千葉・柏市、初の実証実験

スマートフォンを通じた非行やいじめを防ごうと、千葉県柏市は、一部の市内中学校で新1年生の保護者のうち希望する人に、子供のネット上のやりとりを監視できるアプリを無料配布する実証実験を始めている。期間は7月20日まで。市によると、自治体が同種の実験をするのは全国初。

実験に使うのは、東京のソフト開発会社「エースチャイルド」のアプリ「Filii(フィリー)」。「殺す」「バカ」といった、いじめや犯罪に発展しかねない約2万語が警戒単語としてあらかじめ登録されている。

子供のスマホにインストールし、無料通信アプリ「LINE(ライン)」などの会話でこれらの単語が検出されると、前後の文脈から危険度を判定する。使われた単語や送信したユーザー名などが保護者に通知される。

実際にいじめなどトラブルが判明し、家庭内での解決が難しい場合は市の少年補導センターが窓口になって対応する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン