「震災いじめ」防止を明記 国の対策協、方針改定案を了承

2017/2/7 22:03
保存
共有
印刷
その他

国のいじめ防止対策協議会(座長・森田洋司鳴門教育大特任教授)は7日、国の基本方針に「東日本大震災で被災した児童生徒に対するいじめの未然防止・早期発見に取り組む」などの項目を新たに盛り込んだ改定案を大筋で了承した。いじめ防止対策推進法は、基本方針の策定を国と学校に求めており、国の見直しは初めて。

改定案は、心身への被害の大きい「重大事態」への対応を示した指針案とともにパブリックコメント(意見公募)を実施した上で、3月中に決定する。

震災いじめの項目は、基本方針のうち特に学校での対策をまとめた別添資料に加えた。被災した児童生徒が受けた心身への影響や、慣れない環境への不安感を教職員が十分に理解し、心のケアを適切に行うとした。

別添資料ではほかに、性的少数者(LGBT)へのいじめ防止のため、教職員の理解を促進するよう明記。障害のある子供が被害者、加害者となる場合は、個人の特性を踏まえた適切な指導も必要だとした。

改定案ではいじめが「解消された」と判断できる要件として、加害行為が相当の期間なくなった上で、被害者本人が心身の苦痛を感じていないと認められる場合と提示。相当期間は3カ月を目安とし、この間にも注視を続けることが不可欠だとした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]