/

麻薬密輸容疑のトヨタ元役員を起訴猶予へ 悪質性低いと判断

トヨタ自動車の元常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された事件で、東京地検は7日、勾留期限の8日までに不起訴(起訴猶予)処分とし、釈放する方針を固めた。同容疑者は「膝の痛みを和らげるため、父親から送ってもらった」と供述。地検は同容疑者に乱用する意図はなく、悪質性は低いと判断したとみられる。

警視庁は6月18日、米国から麻薬成分「オキシコドン」を含む錠剤57錠を米国から国際宅配便で輸入したとしてハンプ容疑者を逮捕した。

同庁によると、宅配便は「ネックレス」として輸入申告され、箱の中からはネックレスなどのほか、隠すようにして包みに小分けされたり、底に敷き詰められたりした錠剤が見つかった。

捜査関係者によると、同容疑者は錠剤の使途について「膝の痛みを和らげるためだった」と供述。米国内でも使用歴があり、来日後は「父親が米国で処方された薬を送ってもらった」と話した。父親は弁護人を通じ「自分が処方された薬を日本にいる娘に送った」などとする上申書を地検に提出したという。

オキシコドンはがんなどの痛みを和らげる鎮痛剤として日本でも承認されているが、使用には医師の処方が必要。厚生労働相の許可を受けた業者以外の輸入も禁じられている。

捜査関係者によると、同容疑者は「医師の処方が必要な薬だと知っていた」と話す一方、「麻薬とは思っていなかった」と供述していた。

ハンプ容疑者は4月1日、トヨタ初の女性役員に就任。逮捕を受け6月30日付で辞任していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン