/

この記事は会員限定です

保育園の3割で食物アレルギー事故 15年厚労省調査

[有料会員限定]

厚生労働省が実施した初めての全国調査によると、2015年に3割の保育園で食物アレルギーを持つ子が誤食したり、配膳を間違えたりする事故が起きていた。

調査は全国の約3万3千施設が対象。今年3月初めまでに回答した約1万4千施設分(回答率43%)を集計した。

4138施設(29.7%)で誤食や誤配が発生し、うち1589施設(11.4%)で実際に子供にアレルギーの症状が出て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン