/

嘉悦学園、創立者一族に不正支出 9900万円

中高一貫校や大学を運営する学校法人「嘉悦学園」(東京都)は7日、嘉悦克前理事長(76)ら創立者一族に、昨年12月までの5年間で勤務実態の伴わない給与や手当など約9900万円を不正に支出していたと発表した。学園は前理事長らに返還請求する方針。

学園は同日、記者会見を開き、佐野陽子理事長は「関係者に迷惑をかけたことをおわびする」と謝罪した。

学園によると、前理事長は、公用車で通勤していたにもかかわらず「通勤手当」名目や、私的な会食を「渉外費」名目とするなどして計約4580万円を支出されていた。前理事長の妻(74)や母(昨年死去)には勤務実態に見合わない「特別顧問報酬」など計約5260万円が支払われていた。

前理事長の長男で現理事(44)にも「渉外費」「旅費交通費」として約110万円が不正に支出されていた。

文部科学省は昨年9月、この問題に関し情報提供を受けて学園に調査を指示。学園は第三者委員会を設置して調査を進めていた。昨年12月、前理事長は理事長職を解任された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン