/

「チバニアン」命名へ申請 茨城大など、77万年前の地質年代

茨城大や国立極地研究所などのチームは7日、地球の磁場(地磁気)が反転した痕跡を残す千葉県市原市の地層を約77万~12万6千年前の地質年代の名称の基準地とするよう、国際地質科学連合の専門部会に申請した。認められれば千葉時代(チバニアン)の名が付き、日本の地名が採用される初の事例となる。

77万年前の火山灰の層(水平方向にのびる割れ目)から上部の層に地磁気が逆転した証拠が残る

申請したのは市原市の養老川沿いにある地層。直近の地磁気逆転が約77万年前に起きた証拠が残る。イタリアからも2カ所の候補が挙がっており、8月にも投票で絞り込まれる見通し。最終的な結論が出るのは来年以降になるとみられる。

7日の記者会見で、極地研の菅沼悠介准教授は「日本の地名が地球の時代の一つに刻まれることは非常に大きい」と強調。日本の提案が受け入れられるかについて茨城大の岡田誠教授は「五分五分」との見方を示した。

地質学では、約46億年の地球の歴史に115の区分を設けている。時代の境界としてふさわしい地層をもとに年代名を決めるのが通例だが、約77万~12万6千年前についてはこれまで該当する地層がなかった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン