2019年1月24日(木)

副将同士、弓道部けん引 大学時代の梶田さん夫妻

2015/10/7付
保存
共有
印刷
その他

ノーベル物理学賞に決まった梶田隆章さん(56)が高校から大学までの7年間打ち込んだ弓道。当時を知る仲間は7日、埼玉大で妻の美智子さん(56)と2人で副将を務め、部員を引っ張っていた梶田さんの姿を思い起こした。

「歩きながら弓を引く格好をして"エア練習"するような、熱心な人だった」。埼玉大弓道部で梶田さんの2学年下だった東京都葛飾区立新宿小校長の斎藤往子さん(54)は現在、同部の師範。大学時代は初心者として入部し、梶田さんから丁寧に教えられたのを覚えている。

梶田さんは3年で副将、美智子さんも女子の副将だった。2人は大学卒業後に交際が始まり、結婚した。

OBとして当時の2人に接した尾方良文さん(68)は「梶田さんは穏やかな人で、美智子さんも人柄がいい。同学年で、自然と仲良くなったのだろう」と語った。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報