/

エボラ感染疑いのギニア人女性、ウイルス検出されず

厚生労働省は8日、関西空港に7日到着した西アフリカのギニア国籍の20代女性について、エボラ出血熱に感染していないかを調べるため血液などを検査した結果、エボラウイルスは検出されなかったと発表した。

厚労省によると、女性は6日にギニアを出国し、ドバイ発のエミレーツ航空316便で関空に7日夕に到着。検疫所で発熱が確認された。

指定医療機関のりんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市)に搬送され、迅速診断検査を実施。マラリア陽性と確認されていたが、念のため国立感染症研究所で血液などの検体を調べていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン