/

この記事は会員限定です

食品自主回収、情報を一元化 厚労省がシステム構築へ

[有料会員限定]

厚生労働省は来年度、異物混入などによる食品の自主回収情報を一元的に集約するシステムを構築する。全国の自治体の約8割が条例などで事業者に報告を求めており、これらの回収情報をまとめて同省のホームページで公表し、健康被害を防ぐ。一部の自治体で報告の規定がないことも踏まえ、都道府県などへの届け出の義務化も検討し、食の安全性を高める。

現在、食品の回収については(1)食中毒の発生などを受けて国や都道府県が食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン