/

この記事は会員限定です

ラグビー国内リーグ活況 W杯効果、観客数1.7倍に

[有料会員限定]

日本代表の快進撃に沸いたラグビーワールドカップ(W杯)の勢いをそのままに、国内の代表的な社会人チームで作る「トップリーグ」が活気づいている。競技場には初めて訪れる若い観客も目立ち、観客数は昨季平均の1.7倍に増えた。近年の人気低迷を知る昔からのファンや関係者は「4年後のW杯日本大会まで盛り上がり続けてほしい」と期待する。

小春日和となった5日、埼玉県営熊谷ラグビー場(同県熊谷市)で初めてトップリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン