/

初恋、4人に3人実らず ワタベウェディング首都圏調査

初恋は4人に3人が実らず、ほろ苦い思い出に――。婚礼サービス大手のワタベウェディング(京都市)が首都圏の若者を中心に実施した調査によると、初恋が実ったのは2割強にすぎないとの結果が出た。恋愛や結婚の価値観は時代とともに多様化しているが、同社は「初恋は人生で1回しか味わえない特別な経験。成功のハードルは高い」とみている。

調査は昨年10~11月、主に首都圏の10~20代の男性172人、女性1510人の計1682人を対象に実施した。

「初恋は実ったか」と聞いたところ「はい」と答えたのは23.3%で、残りの76.7%は成就しなかったとした。約8割は交際に至らなかったことがうかがえた。

初恋の年齢は「6~12歳」が55.6%で最も多かった。15歳までに9割以上が初恋を経験していると回答した。

初恋の相手は「同級生」が80.9%と最多で、「幼なじみ」の7.4%、「学校の先輩」5.4%に大差をつけた。少数で「塗装工事の現場監督」「会ったこともないインターネット上の友達」という回答もあった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン