/

老舗旅館・加賀屋で客15人食中毒 石川

石川県は6日、同県七尾市の老舗旅館「加賀屋」で夕食を食べた男女15人が腹痛や下痢などの症状を訴え、うち7人から食中毒菌の腸炎ビブリオが検出されたと発表した。10人が入院したが重症者はおらず、全員が快方に向かっている。

加賀屋は1906年に創業。全国の旅行業者が投票する「日本のホテル・旅館100選」では36年連続で1位に選ばれている。

県によると、15人は2日夜に刺し身など共通の食事をしており、県は旅館の主厨房を8日までの営業停止処分とした。加賀屋は「重く受け止め、深く反省する。食の安全の確保や信頼回復に努力したい」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン