淡路島の銅鐸、紀元前4世紀ごろ埋めたか 付着植物片で判明

2017/6/6 20:47
保存
共有
印刷
その他

兵庫県南あわじ市(淡路島)で見つかった青銅祭器「松帆銅鐸(まつほどうたく)」7個(弥生時代前期―中期)は紀元前4~前2世紀前半(弥生時代中期前半)に埋められたとみられることが付着していた植物片の放射性年代測定で分かり、市教育委員会などが6日発表した。

銅鐸の埋められた年代が科学的な分析で分かるのは初めて。市教委は「銅鐸は一緒に出土する遺物が少なく、年代が分かりにくい史料だけに、付着していた有機物…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]