/

6人乗り空自機、墜落か 鹿児島で消息絶つ

(更新)

6日午後2時35分ごろ、鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地周辺を飛行していた航空自衛隊の飛行点検機「U125」が、同基地の北約10キロ、高度約880メートル付近でレーダーから消えた。同機には機長の男性3佐ら6人が搭乗。空自などは墜落した可能性もあるとみて、消息を絶った高隈山(標高1236メートル)付近の捜索を始めた。

鹿屋航空基地関係者によると、捜索の拠点としている高隈山の牧場から約3キロ離れた地点で煙が上がっていたとの情報があり、確認を急いでいる。

空自によると、同機は埼玉県の入間基地所属。6日午後1時15分に鹿屋基地を離陸し、点検作業後、同基地に戻る予定だった。当時、周辺の天候は曇りで、航行に影響がない程度の弱い風が吹いていた。

同機には40代の機長のほか副操縦士1人と整備員2人、無線員2人が乗っていた。最大7人乗りで、地上から電波を発信して航空機に滑走路の位置などを知らせる「航空保安無線施設」を点検する機能などを備える。

6日は鹿屋基地の施設点検のために周辺を飛行。東西方向に伸びている滑走路に方角や高度を変えながら近づく飛行を繰り返し、無線の発信が正常かどうかを点検していたという。

6日朝と離陸前の機体点検では異常はなく、飛行中も機体のトラブルなどの連絡はなかったとしている。同機には救難信号の発信装置が搭載されているが、信号が出ているかは不明。

空自などがヘリを飛ばして上空から捜索したが、日没のためいったん打ち切り、7日朝に再開する。ほかに地上偵察隊約120人が出動し、警察や消防とも連携して地上からも深夜まで捜索した。空自航空安全管理隊は現地調査団の派遣を決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン