2019年2月19日(火)

STAP論文で若山教授処分 山梨大、センター長停職3カ月

2015/3/6付
保存
共有
印刷
その他

山梨大学は6日、撤回したSTAP論文の共著者で、同大学発生工学研究センター長を務める若山照彦教授に対し、2月10日を起点に3カ月間、センター長としての職務を停止すると発表した。理化学研究所が2月10日、若山氏は「出勤停止処分に相当する」と発表。若山氏はセンター長の辞任を申し出ており、同大学が特別委員会を設置して処分を検討していた。

本人の申し出より軽い処分になった理由について同大学は、生命科学の研究拠点である同センターの発展のために「若山教授は余人をもってかえがたい」(特別委委員長の新藤久和理事)と判断。若山教授に研究不正はなく、センター長を辞任するほどの悪質性がないと説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報