/

STAP論文で若山教授処分 山梨大、センター長停職3カ月

山梨大学は6日、撤回したSTAP論文の共著者で、同大学発生工学研究センター長を務める若山照彦教授に対し、2月10日を起点に3カ月間、センター長としての職務を停止すると発表した。理化学研究所が2月10日、若山氏は「出勤停止処分に相当する」と発表。若山氏はセンター長の辞任を申し出ており、同大学が特別委員会を設置して処分を検討していた。

本人の申し出より軽い処分になった理由について同大学は、生命科学の研究拠点である同センターの発展のために「若山教授は余人をもってかえがたい」(特別委委員長の新藤久和理事)と判断。若山教授に研究不正はなく、センター長を辞任するほどの悪質性がないと説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン