/

「国産ゴジラ」12年ぶり復活 東宝、16年公開

新宿に出現予定の「ゴジラの頭部」完成予想図=東宝提供

東宝は怪獣映画「ゴジラ」の新作の製作を発表した。2016年に公開する。04年公開の「ゴジラ FINAL WARS」以来12年ぶりの"国産ゴジラ"となる。

新作は東宝が単独で製作する。現在、スタッフと出演者の人選を進めており、来年夏にも撮影を始める。「中身も検討中。ゴジラを着ぐるみにするかCGにするかも未定」(東宝)という。

製作に先立ち、東宝はゴジラのキャラクターを世界に広める。第1弾として東京・歌舞伎町に来年4月開業する新宿東宝ビルの8階テラスに"実物大"のゴジラの頭部を設置する。地上からの高さは52メートルで1954年の第1作「ゴジラ」とほぼ同じ。新しい新宿のランドマークにする。

第1作から60年となる今年は、東宝からキャラクターの使用許諾権を得て製作された米国映画「GODZILLA ゴジラ」が公開され、世界でヒット。「最も長く継続しているフランチャイズ映画」としてギネス世界記録に認定された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン