/

「インベーダー」ゲーム殿堂入り 米博物館が6作品発表

【ニューヨーク=共同】米ニューヨーク州ロチェスターのストロング遊戯博物館は5日、日本で1978年に発表され大ブームを起こしたゲーム「スペースインベーダー」や「ゼルダの伝説」など6作品が「ビデオゲームの殿堂」入りしたと発表した。

スペースインベーダーは隊列を組んで迫るインベーダーの攻撃をかわしながら倒すシューティングゲーム。コンピューターゲームブームの火付け役となったことが評価された。

ゼルダの伝説は日本で86年に発売。90年代に全世界で人気となったゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」も選ばれた。

同博物館は昨年、長期間にわたり人気を集め、文化、社会に影響を与えるなどしたビデオゲームを対象とした殿堂を設立。第1回の発表となった昨年は「スーパーマリオブラザーズ」など6作品を選んだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン