/

山手線、全車両に防犯カメラ 18年春から

JR東日本は6日、2020年までに山手線の全車両に防犯カメラを設置すると発表した。5月に本格導入が始まった新型車両「E235系」が対象。18年度から順次取り付ける。痴漢などの迷惑行為の防止のほか3年後の東京五輪を見据えたテロ対策にも役立てる。

同社の冨田哲郎社長は同日の記者会見で「犯罪や迷惑行為、テロへの備えについて、鉄道事業者に求められるレベルが上がってきている。プライバシーの保護には万全を期す」と述べた。

防犯カメラは各車両に4台設置。ドアの上にある運行情報などを表示するディスプレーの横に埋め込む。総事業費は約20億円で、20年までに全50編成550両への設置を完了する。

電車が運行している間は常時録画する。映像の保存期間は1週間ほどで、古いデータを上書きして更新。乗客のプライバシーに配慮し、映像の閲覧者は一部に限定するなどして厳正に管理する。乗客にカメラが作動中であることを知らせるステッカーも掲示する。

JR東によると、在来線では一部の特急車両と埼京線の車両に防犯カメラが設置済み。ただ、特急ではデッキのみに設けられているため客室の防犯対策にはなっていない。埼京線も混雑が激しく痴漢被害の報告が多かった1号車にのみ取り付けており、全車両の客室への設置は山手線が初めて。

15年6月に発生した東海道新幹線の放火事件を受け、新幹線の客室には常時録画している防犯カメラを16年から順次設置している。

JR東は今後、首都圏の他の路線にも防犯カメラの設置を検討する方針。東京都交通局と東京メトロも3月、全車両への防犯カメラの設置計画を発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン