2019年4月23日(火)

交際女性殺害で元警官に懲役18年 大阪地裁判決

2015/10/6付
保存
共有
印刷
その他

大阪市東住吉区のマンションで1月、社会福祉士、白田光さん(当時23)を殺害したとして殺人罪に問われた交際相手で元大阪府警巡査長、水内貴士被告(27)=懲戒免職=の裁判員裁判の判決公判が6日、大阪地裁であった。中山大行裁判長は「警察官として人の生命を守るべき義務に違反し、強い非難に値する」として懲役18年(求刑懲役20年)を言い渡した。

中山裁判長は判決理由で、白田さんの首を背後から右腕を回して絞めた後、「何もしない」と命乞いがあったのに革ベルトで首を絞め、浴槽に沈めたと認定。「強固な殺意に基づいており執拗で悪質だ」とした。

その上で、白田さんに既婚者だと知られ「社会的制裁は絶対に受けてもらう」と詰め寄られたことから、妻や職場に交際が発覚するのを恐れて殺害を決意したと指摘。

「結婚を隠して交際を続ければ、被害者と問題が生じるのは予想できた。被害者の言動にも落ち度はなかった」とした上で、「男女関係が動機で被害者1人の殺人事件では、重い部類だ」と述べた。

公判で検察側は、犯行後に白田さんの携帯電話を電子レンジで加熱するなどの証拠隠滅も図っていたことから「強い殺意に基づく残忍、冷酷かつ執拗な犯行」と懲役20年を求刑。弁護側は「突発的な犯行だった」などとして懲役14年が相当だと主張していた。

判決によると、水内被告は1月24日、交際が勤務先や妻に発覚するのを恐れたことから白田さんの殺害を決意、白田さんの自宅マンション内で首をベルトで絞めるなどして窒息死させた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報