/

核兵器廃絶 届かぬ思い 被爆者、首相に「条約署名を」

広島の被爆者7団体の代表らは6日、平和記念式典後に広島市のホテルで安倍晋三首相と面会した。日本が参加しなかった核兵器禁止条約について「署名を強く求める」と政策の転換を迫った。広島被爆者団体連絡会議の吉岡幸雄事務局長は「条約は核廃絶に道を開くものだが、日本は反対するという驚くべき態度を取った。怒りを込めて抗議する」と批判した。

首相は面会後の記者会見で、条約には核保有国が参加していないと指摘。「保有国と非保有国との隔たりを深めてはならない。双方に働き掛けるわが国のアプローチとは異なる」と不参加の理由を説明した。

7団体は連名で「一日も早く条約が実効性を持つよう切にお願いする」と要望した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン