/

この記事は会員限定です

「日本の移民」舞う リオ開会式、多様性描く

[有料会員限定]

【リオデジャネイロ=村田篤史】多民族国家が持つ多様性や豊かな自然、情熱の国の喜び――。ワールドカップ決勝の舞台にもなったサッカーの聖地、マラカナン競技場で始まった開会式は、ブラジルの歴史と現在を表現し、貫くテーマは環境保護だった。

国民的サンバ歌手のパウリーニョ・ダ・ヴィオラさん(73)が国歌を斉唱した後、ショーが始まった。先住民の暮らしをイメージした演出では、ジャングルを思わせる緑の閃光(せんこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン