/

上原康助氏が死去 元衆院議員、沖縄から初の閣僚

沖縄県選出の国会議員として初の閣僚を務めた元沖縄開発庁長官の上原康助(うえはら・こうすけ)氏が6日、呼吸不全のため沖縄県沖縄市の病院で死去した。84歳だった。告別式は10日午後2時から沖縄市松本7の5の3のサンレー中部紫雲閣。喪主は妻、美津子さん。

全沖縄軍労働組合連合会(全軍労)委員長として本土復帰に尽力。1970年に社会党から衆院議員に初当選し計10期務めた。93年発足の細川内閣では沖縄県選出の国会議員で初の閣僚として沖縄開発庁長官などに就いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン