2019年3月22日(金)

サプリ宣伝「スリムで豊胸」根拠なし 消費者庁が措置命令

2017/4/6 11:39
保存
共有
印刷
その他

消費者庁は6日までに、健康食品を摂取するだけで「バストUPとスリムUPを同時にかなえる」と豊胸と痩身の効果があるような宣伝をしたのは根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、東京都江東区の販売会社「ミーロード」に再発防止を求める措置命令を出した。

消費者庁によると、同社は昨年1年間、粒状サプリメント「B―UP」の販売サイトで、胸に手を添えたり、ぶかぶかのパンツをはいて腹周りに指を差したりしている女性の画像と一緒に「魅惑的なメリハリBodyに」「女子力UPに胸ふくらむ」などと宣伝。調査に対し、豊胸と痩身の効果があるとの根拠を示す資料が提出されなかったという。

同社は1袋60粒入りで通常価格約6600円で販売。取材に「命令を厳粛に受け止め、表示の適正化を図り、再発防止に取り組む」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報