/

サプリ宣伝「スリムで豊胸」根拠なし 消費者庁が措置命令

消費者庁は6日までに、健康食品を摂取するだけで「バストUPとスリムUPを同時にかなえる」と豊胸と痩身の効果があるような宣伝をしたのは根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、東京都江東区の販売会社「ミーロード」に再発防止を求める措置命令を出した。

消費者庁によると、同社は昨年1年間、粒状サプリメント「B-UP」の販売サイトで、胸に手を添えたり、ぶかぶかのパンツをはいて腹周りに指を差したりしている女性の画像と一緒に「魅惑的なメリハリBodyに」「女子力UPに胸ふくらむ」などと宣伝。調査に対し、豊胸と痩身の効果があるとの根拠を示す資料が提出されなかったという。

同社は1袋60粒入りで通常価格約6600円で販売。取材に「命令を厳粛に受け止め、表示の適正化を図り、再発防止に取り組む」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン