2019年9月23日(月)

ベルギーに友好の鐘響く 大聖堂が奏でる日本の曲

2016/1/16 22:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベルギー北部のフランダース地方の都市を散策していると、教会の塔や鐘楼から時折、鐘が奏でる心地よいメロディーが流れてくる。伝統楽器の「カリヨン」だ。その文化は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に指定されている。魅力を国内外でもっと知ってもらおうと、日本とベルギーが友好150周年の節目を迎える今年、連携に乗り出す。

教会の塔や市庁舎などに大小様々な鐘を組み合わせて据え、鍵盤で曲を演奏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。