「自然・科学に関心」日本が最低 日米中韓の高校生調査

2014/8/6付
保存
共有
印刷
その他

国立青少年教育振興機構(東京)などが日米中韓4カ国の高校生を対象に行った意識調査で、自然や科学に「関心がある」と答えた日本の高校生の割合は59.5%にとどまり、4カ国中で最低だったことが6日、分かった。機構は「自然や科学に関わる疑問を持ち、自分で調べてみる機会が少ないことが関心の低さに影響している」と分析している。

調査は昨年9~12月、4カ国の高校1~3年生計6500人を対象に実施した。

自然や科学への関心について「とてもある」「ある」と答えた生徒の割合は中国が79.3%で最も高く、米国(63.6%)、韓国(63.1%)と続いた。最も興味がある分野は日本と中国が「天文に関すること」で、米国と韓国は「人体に関すること」だった。

自然や科学について学習する場面について尋ねると、日本は「先生が行う実験を見る」という回答が78.5%を占め最多だった一方、他の3カ国はいずれも「自然や科学についてのテレビを見る」が最も多かった。

小学校から高校の間に理科の分野で自由研究をしたことがある日本の生徒は54.6%を占め、割合は4カ国中最高だった。しかし、自由研究をした時期をみると、日本は小学4~6年がピークだったのに対し、米中韓では中学2年~高校1年の間が多かった。

高校の理科の授業で「興味があることを自分で調べたり学習したりしている」と答えた日本の生徒は20.2%で、中国(44.2%)や米国(44.0%)とはかなりの差があった。日本の生徒の60.6%は「自分で調べたり、学習したりするための時間がない」と回答していた。

調査結果を分析した明石要一・千葉大名誉教授は「自然や科学に興味を持つことは生徒の視野を広げるうえで重要。日本の高校生は受験勉強で忙しく、身の回りにある疑問を追究する機会が少ない」と指摘している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]