/

この記事は会員限定です

ストーカー被害、加害者に治療 三鷹事件など契機に注目

[有料会員限定]

東京都三鷹市で女子高校生が元交際相手に刺殺された事件などをきっかけに、ストーカーの加害者に治療を受けさせる取り組みが広がりつつある。規制や警告だけでなく、メンタル面から原因を取り除こうという手法で、警察も注目している。ただ本人の同意が前提で、受診させる仕組みづくりが必要との指摘もある。

「彼を追い求めても、自分は幸せにならないと気付いた」。知人男性へのつきまといなどを繰り返し、今年5月から約2カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン