2019年4月26日(金)

大雨被害、東北や中国地方で相次ぐ

2014/8/7付
保存
共有
印刷
その他

前線や南からの暖かく湿った空気の影響などで6日は東北や中国地方を中心に大雨となった。愛知県でも大気が不安定になり、雨雲が発達して停滞。レーダーの解析によると、名古屋市守山区や周辺で1時間に80~100ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。

落雷や土砂崩れによる被害も各地で相次ぎ、愛知県扶桑町の高校で野球の練習試合中だった2年生の男子生徒(17)が落雷に遭って意識不明となり、7日未明に死亡した。

広島県三次市で水路に転落した男性(80)が死亡。島根県奥出雲町で増水した川に流されたとみられる男性(87)が遺体で見つかったほか、山口県防府市や徳島県三好市の川でもそれぞれ男性が行方不明となった。

山口県岩国市で発生した土砂崩れでは民家が全壊し、住人の男性(29)が遺体で見つかった。

一方、台風11号は強い勢力を維持した状態で、7日以降に沖縄県の大東島地方や鹿児島県の奄美地方へ接近の可能性が高まっている。気象庁は、暴風や猛烈なしけの恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。

7日にかけ予想される最大風速は大東島で40メートル(最大瞬間風速60メートル)、沖縄本島で20メートル(同30メートル)。大東島では8日午前0時までの24時間予想雨量も多い所で200ミリに達する見通し。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報