2019年1月20日(日)

ノーベル化学賞に欧米3氏 分子機械の開発

2016/10/5 21:11
保存
共有
印刷
その他

スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2016年のノーベル化学賞を、仏ストラスブール大学のジャンピエール・ソバージュ名誉教授(71)ら3氏に授与すると発表した。授賞理由は「分子機械の設計と合成」。電気や光などの刺激によって微細な分子を機械のように動かすことに成功した。将来は分子で作ったコンピューターなどへの応用が期待されている。

米ノースウエスタン大学のフレーザー・ストダート教授(74)、オランダのフローニンゲン大学のベルナルド・フェリンガ教授(65)と共同受賞する。

分子機械は、精密に設計し、化学的に合成した分子を外からの刺激を加えることで機械のように動かす技術。ナノテクノロジー(超微細技術)を代表する分野で、九州大学の新海征治特別主幹教授ら日本人研究者の受賞も期待されていた。

ソバージュ氏は独自の合成法を考案し、2つの輪状の分子が知恵の輪のようにつながった集合体をつくった。ストダート氏は棒状の分子に輪が通った構造の集合体を効率よく作る方法を開発。輪を上下に動かせるようにし、分子エレベーターを作製した。フェリンガ氏は回転する分子モーターの作製に成功した。

授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金800万クローナ(約9500万円)を3氏で均等に分ける。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報