/

この記事は会員限定です

文化財継承に3Dモデル活用 劣化・焼失でも復元可能に

[有料会員限定]

歴史的な建築物や伝統の山車などの文化財が劣化したり焼失したりする事態に備えて、形態や構造のデータを3Dモデルで保存する動きが広がっている。設計図がなく、組み立て方が口伝えで継承されているようなケースでも、現物を計測したデータを残しておけばそっくりに復元することが可能。関係者は「新しい技術を文化の継承に生かしていきたい」と話す。

山口県下関市にある「旧逓信省下関電信局電話課庁舎」。1924(大正13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り798文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン