2019年2月22日(金)

センター試験の平均点発表 17年ぶりに得点調整

2015/2/5付
保存
共有
印刷
その他

大学入試センターは5日、1月に実施したセンター試験の平均点の最終集計を発表した。理科は1月23日の中間集計時点で、物理1と生物の平均点が20点以上開いたことから、17年ぶりの得点調整を実施し、最終集計に反映させた。

得点調整の対象となったのは、新課程の物理、化学、生物と旧課程の化学1、生物1。生物の素点に最高8点が加算された。調整後、最も高い物理1が69.94点、最低の生物が54.99点で、差は14.95点となった。地学と地学1は受験者数が得点調整の条件としている「1万人以上」に満たず調整していない。

追試験、再試験を含む総受験者数は昨年より1813人少ない53万537人。志願者に対する実際の受験者の割合を示す受験率は過去2番目に高い94.89%だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報