2019年2月23日(土)

育休「取りにくい」35% 20~30代教職員、多忙理由に

2017/6/5 19:59
保存
共有
印刷
その他

全日本教職員組合(全教)は5日、主に20~30代の教職員を対象に、妊娠、出産、子育てに関して聞いたアンケート結果を公表した。出産、育児経験がある教職員のうち、産休や育休などを取得しにくいと感じた人が35.1%に上り、そのうち8割近い人が理由に「多忙で休みづらい」と答えた。

アンケートは昨年6~11月に実施、23都道府県の705人が回答した。妊娠している同僚の教職員の体が危険だと感じたことが「ある」と答えた人は25.0%。理由を複数回答で聞くと「長時間勤務をしている」「職場を休みづらい」など業務の負担の大きさを挙げた人が多かった。

妊娠、出産などに関してハラスメントを受けたことがある人は10.0%だった。「育児短時間勤務は周りに迷惑を掛けるから取らないで」「妊娠する時期を考えてほしい」などと言われたケースがあった。育児短時間勤務や妊娠中の勤務軽減など、産休、育休以外の既存の制度を知らない教職員も多く、研修の充実を求める意見もあった。

自由記述では「放課後や土日に部活動があり、妊娠して赤ちゃんが無事に育つのか心配」という将来への不安や「(妊娠中の)体育の代替教員や育休の代替教員が見つからない」と厳しい現状を訴える声が並んだ。

全教は「教職員の定数を増やすほか、産休、育休を必ず取得できるように代替教員の配置を義務付けるなど、改善を行政に求めることが必要だ」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報