/

この記事は会員限定です

老朽化するごみ処分場 住民反発で移転難航、改修費負担も増す

[有料会員限定]

老朽化したごみ処分場の移転が各地で難航している。新たな施設を建てようとしても、候補地の周辺住民が「迷惑施設」のイメージや地価下落への不安から反発し、先送りになるケースが目立つ。国は施設の更新を呼びかけており、老朽施設は改修費の負担も年々増すため、自治体の担当者は「早く理解を得たい」と焦りをにじませる。

神奈川県鎌倉市の山あいにあるごみ処分場「名越(なごえ)クリーンセンター」。白い煙突が目印の施設は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン