/

山口組離脱組長らが会合 新組織結成話し合いか

全国最大の指定暴力団山口組(神戸市)から離脱した団体の組長らが5日、同市内で会合を開いた。捜査関係者によると、新組織結成に向けて話し合いが持たれたとみられる。山口組分裂の動きが表面化してから、離脱した団体の組長らが集まるのが確認されたのは初めて。

捜査関係者によると、山口組からは山健組(同市)など13の2次団体の組長が「絶縁」や「破門」の処分を受けている。山健組の関連施設でこの日開かれた会合には、そのうち複数の団体の組長の出席が確認された。

東京の指定暴力団の幹部が出席したとの情報もあり、警察当局が確認を急いでいる。

分裂の動きの背景には6代目の篠田建市(通称司忍)組長の出身母体の弘道会(名古屋市)を中心とする現体制への不満があるとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン