日航機エンジン発火、羽田に緊急着陸 滑走路に部品

2017/9/5 20:11
保存
共有
印刷
その他

5日午前11時すぎ、羽田空港を離陸したニューヨーク行きの日本航空6便ボーイング777で、左エンジンにトラブルが起きたとの表示が出た。左エンジンで一時、炎が確認され、同機は管制官に緊急事態を宣言、羽田に引き返し、午後0時9分に着陸した。乗客乗員計251人にけが人はいなかった。

滑走路上から日航機から落下した部品とみられる粉々になった部品が見つかっており、日航が機体の損傷状況を詳しく調べている。

複数の目撃者が、離陸時に大きな音がしたと証言。日航は当初、鳥が衝突するバードストライクの可能性が高いとみていたが、機体には明確な衝突の痕跡がなく国土交通省は「バードストライクが原因ではない」と発表した。日航などはエンジンの不具合なども視野に原因を分析する。

国交省によると、日航6便ボーイング777は5日午前11時、4本ある滑走路の1つで、ほぼ南北方向に延びるC滑走路を北向きに離陸した。

この直後、国交省東京空港事務所職員がモニターで左エンジンから炎が出ているのを確認するとともに、滑走路北端に近い芝生から煙が上がっているのを発見。C滑走路を閉鎖し、点検に向かった事務所職員が部品を見つけた。滑走路は午後1時前に運用を再開した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]