/

美濃加茂市長「市政にまい進したい」 無罪判決に安堵

「主張してきたことが認められた」「今後も市政にまい進したい」。岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長は5日午後、名古屋市内で記者会見した。無罪判決に安堵の表情を浮かべながら、今後の市政運営に意欲を示した。

藤井市長は会見で、無罪を言い渡された際の心境を「自分の中では(無罪との)自信があったが、やはりほっとした」と振り返った。

逮捕後、市長の職務を続けながら無実を訴えてきた。「市職員に支えてもらい、市民にも『市長は信用できる』と応援してもらった。市政に影響はなかった」と話した。

会見に同席した主任弁護人の郷原信郎弁護士は「贈賄側に虚偽供述の動機があったことを立証することがきわめて重要だった」と説明。無罪判決について「弁護団の主張がほとんど認められた。検察は無意味な控訴はしないでほしい」と訴えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン