2019年2月20日(水)

「顔認識」されない眼鏡開発 他人の写真への写り込み防止

2015/8/5付
保存
共有
印刷
その他

見ず知らずの人が撮った写真にたまたま写り、インターネット上で公開される。「顔認識」システムの進化で面識がなくても被写体が特定され、いつ、どこにいたのか知られてしまう――。こうした「写り込みトラブル」を防ごうと、国立情報学研究所(東京)と福井県鯖江市の会社が特殊な眼鏡を開発した。

眼鏡のフレーム前面部を上向きに傾け、レンズにフィルターを付けた。光の反射具合を変え、顔と認識できないようにし、ピントが合わなくなる仕組みにした。かけ心地にもこだわり、プライバシーを守るとの意味を込め「プライバシーバイザー」と命名。販売日はまだ決まっていない。

カメラ付き携帯電話やデジタルカメラは「顔検出」機能を搭載し、瞬時に人の顔にピントを合わせる。さらに進化した「顔認識」は目や鼻、口などの特徴から個人を特定、情報セキュリティー対策に応用されている。

研究所の越前功教授によると、トラブルはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に写真を投稿されることで起きる場合が多く、欧米で問題視されるようになった。越前教授は日本でも対策が必要になるとみて、眼鏡生産日本一の鯖江市に協力を要請し、眼鏡関連会社3社が試作品を作った。

このうちの一つ「前澤金型」の玉田隆則取締役は「全く新しい挑戦だった」と語る。既存の金型は使えず、3Dプリンターでサンプルを作り、試行錯誤を繰り返した。

顔認識システムは顔面の凸凹による輝度の差を利用しており、眼孔周辺の輝度が光の反射により変化すると機能しなくなる。そこで眼鏡のフレームの向きを調整し、レンズにフィルターを付けることで、顔に当たる光を正面に反射させるようにした。デジカメを使った実験では、ほとんどのケースで顔の検出をブロックできたという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報