被災者、古里へ託す1票 東京・東雲住宅に福島の1000人

2014/12/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都江東区の国家公務員宿舎「東雲(しののめ)住宅」には東日本大震災の被災者1000人以上が暮らしている。多くが原発事故の影響で福島県から避難した人々だ。帰還のめどが立たず、首都圏での定住を決断する動きも広がる。住民票を被災地に残す避難者のため不在者投票が10日から始まるが、遠く離れた場所から古里の候補に1票を託す思いは――。

東雲住宅は東京湾岸に位置する36階建てのタワーマンション。今年10月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]