/

iPSで神経難病を再現 慶大、細胞「作り分け」手法開発

慶応義塾大学の岡野栄之教授らは、iPS細胞から脳や脊髄にある特定の神経細胞だけを作り分ける手法を開発した。アルツハイマー病やALS(筋萎縮性側索硬化症)といった神経の難病で、病状が出る細胞だけを作り、新薬開発などの研究に役立つという。

成果は米科学誌ステム・セル・リポーツ(電子版)に掲載された。

研究グループは、神経細胞が成長する過程で重要な2種類のたんぱく質と1種類のビタミン類に注目した。iPS細胞を神経細胞に成長させる際、この3種類の物質の濃度を変化させて目的の神経細胞に育てる。

新手法が有用かどうか、パーキンソン病などの患者から取った細胞から作ったiPS細胞で神経細胞を作った。パーキンソン病患者では大脳皮質ニューロンという神経細胞にすると、多くの患者に見られるように「リン酸化タウたんぱく質」が細胞に蓄積した。

別の種類の神経細胞にするとたんぱく質が蓄積しなかった。病状が出る細胞とそうでない細胞を比べて、病気の原因や治療法を探る研究ができる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン